クラウドソーシングでイラスト外注依頼した実体験。恐ろしい結果がでました。

こんにちわ、よしころです。クラウドワークスでWeb制作を中心に活動しています。

そして、最近サイト制作で使用するイラストを外注することになり、
クラウドワークスココナラランサーズで同時に募集かけてみることにしました。

ちなみに、ココナラって素人の方の集まりでしょ、って少し前まで思ってた私でした。
知り合いのフリーランスデザイナーさんが
「イラストを発注するのはいつもココナラ使ってる、カットによれば500円でもできるし

と言われてから「え!そうなの!」ってことでイラスト外注の選択肢として考えるようになりました。

クラウドワークス

インターネットを活用することで、世界中の企業と個人が直接つながり、 仕事の受発注を行うことができる日本最大級の「クラウドソーシング」

ココナラ

ココナラは「知識・スキル・経験」など、みんなの得意を気軽に売り買いできるスキルのフリーマーケットです。

ランサーズ


日本初・国内最大級のクラウドソーシングサービス ランサーズランサーズは、「仕事を依頼したい人」と「仕事を受注したい人」が出会える、 安心・安全のお仕事マーケットプレイス

今回募集したのは、

イラスト6カット、すべてに3-5コマで動きをつける(コマのみ作成) 40,000-50,000円

というものです。

イラストカットの相場は、以下のページが参考になります。
1カット・カラー5000円~が相場なので、今回の依頼は相場くらいの金額かと思います。

予算感は伝えて、見積もりを出してもらうようにしました。

1週間程度の募集期間を経て

提案があったのは以下でした。

 ココナラクラウドワークスランサーズ
提案数7件4件2件
提示金額25000~50000円50000円50000円
クオリティー

ココナラがダントツでした!!!

ココナラで提案が多かったのは原因があります。

前もってクライアントとココナラのイラストレータさんの作品の方向性をピックアップしていて、クライアントさんがよい、と思ったイラストレータさんに声をかけることができたためです。クライアントさんがよい、と思ったその何名かのイラストレータさんからも提案があったのがココナラを一番よいな、と思ったポイントでした。

ランサーズも提案ありましたが、実績などあんまりイラストのクオリティーが高くないイラストレーターが多かった印象です。
クラウドワークスは、クオリティーはある程度高いですが、値段も高い。(というかこの値段位がプロとしての相場なんだろうなー)
クラウドワークスやランサーズも作品をみることもできますが、クオリティーがパッとわからず、ココナラみたいに気軽にはみれません。

ココナラは、たくさんのイラストレータさんから連絡あったし、値段も低価格の提案、(おそらくその分工数も減ったものになるのでしょうが、そのくらいで充分な感じもします。「なんて制作者としては耳が痛い言葉ですが、発注側からの本音です」)

また、イラスト制作をお願いしたイラストレータさんは、受託制作は長年されているのですが、ココナラを使ったことがほとんどない、と言われていました。
ココナラはイラストレータとしては登録しておくべきクラウドソーシングのため登録されたのだとか。イラスト制作の発注数も多いですし、感度の高いイラストレーターなら当然だろうと思います。

今回は、1週間程度の募集期間などもあり、金額やスケジュールなどで提案内容が変わってくると思いますが、
私はオンラインでイラストを発注する場合は、ココナラを使うのが便利かなー、と思いました。

これはWeb制作関連は、また違った結果がでると思います。肌感はランサーズが一番良いと思ってます。
また外注の依頼を出すのはすべてのサービスで無料なので、(発注の段階で手数料が発生します)依頼する場合は、すべてのサービスで依頼をかけるとよいかと思います。

ご参考ください!

この記事を書いた人