クラウドワークスvsココナラ、どっちが稼げるの?色々比較してみた

こんにちわ、ヨシコロです。

普段は私はWebデザイナーとしてクラウドワークスで月収30万円以上は稼いでいますが、今さらながら、ココナラデビューしたので、サービスや仕組み、手数料についてなど、実際にサービス出店してみたことをお話します。

ココナラ、クラウドワークスと比較してどうなの?!

ココナラは、クラウドワークスと比較してどうなの?!かを、Webデザイナーの目線で書いていきます。稼げるの?稼げないの?ってところですね。

まず、クラウドワークスとは?、以下のようなサービスです。

クラウドワークスは、仕事を頼みたい、働きたい、という企業と人などが、つながる日本最大級のクラウドソーシングになります。(Webから抜粋しました)

システム開発、アプリ開発、ウェブ制作、ロゴマークやチラシのデザイン、ライティングなどの仕事が多いです。ほかに、映像制作、セミナー、ゲーム制作など、時々みかけます。

基本は、Webデザイナーとしては、プロとプロが結び付くクラウドソーシングになるかと思います。BtoB,C(Bよりの)toB、のイメージです。

また、ココナラとは。

「知識・スキル・経験」など、みんなの得意を気軽に売り買いできるスキルのフリーマーケットとうたっていて、フリーマーケット感があり、バラエティーに富んだスキルが販売されています。
カテゴリも、占い、悩み相談・カウンセリング、デザイン、Webサイト制作・Webデザイン、集客・Webマーケティング、恋愛・結婚、美容・ファッション・健康など、他にもいろいろとありました。

例えば、占い、だと、縁結び、白魔術、とかができるようです。すごいですね!値段も500円から100,000円まで!ちらっとみただけでも、なんだかすごいことになっています。

フリーマーケット、とうたっているだけあって、CtoC、BtoC、のような雰囲気があります。

例えば、サイト構築のカテゴリでも、クラウドワークスとは違い、
「誰でも3分で作れる今風のWEBサイト制作を教えます」
「MERYのようなサイトのソースコードを差し上げます」
など、サイト構築、といっても多岐に富んだ内容です。

一番のポイントは、ココナラはクラウドワークスと違って、制作者がサービスを立ち上げて、そのサービスをお客様に買っていただく、というシステムになっている点です。
そのため、制作者側は、「案件に応募する」のではなく「サービスを出品して顧客を獲得する」方法が主流となります。
ココナラもクラウドワークス同様の「案件」にあたるものが「リクエストボード」というのがあり、そこから応募も可能なようですが、サービス出品する、で売上を獲得している方が多そうです。以下から登録できますよ。

登録は簡単、3ステップのみ!無料会員登録はこちら

こちらの方は面白いサービスを提供されていて、目のつけどころがすごくよかったので紹介してみました。

ココナラとクラウドワークスのシステムの違いを表で比較してみました

ココナラとクラウドワークスの違いを表にしてみたら、色々おもうことがありました。

 クラウドワークスココナラ
手数料20万円超の部分
報酬額の5%
10万円超20万円以下の部分
報酬額の10%
10万円以下の部分
報酬額の20%
タスク形式での場合
報酬額の20%
100,000円を超えた場合
10%+税
50,000円超〜100,000円以下
20%+税
1円〜50,000円以下
25%+税
案件応募ができるかもちろんできる少しだけ案件があるのでできる
サービス出店できるかできないすごくできる
サービスの多様性クライアント次第(依頼)の仕事の仕方になるのであまりないサービス出品の方法を考えれば無限大
すぐ仕事として受注できるか案件応募すれば契約につながるので、受注しやすい口コミが多くないとサービスを買ってもらえないので、最初はお金にならなそう
今っぽさこちらは従来の方式。こちらは、多様性もあり、コンシューマーにも向けられ、サービスの広がりがあって、今っぽさがある
価格帯一般的な受託と比べると安い案件もあるが、高い価格帯の案件もある。
ココナラと比べると価格帯は高い
500円からのサービスであったり、デザイン制作で5000円~というものもあり、とにかく低価格なサービスが多い印象。ただ、高価格帯のサービスもある一定部分では売れているようです。
可能性システム自体が受託システムのクラウドソーシングがほとんどなので、価格帯が限られている。サービスも限られるので、システム自体に大きな可能性はないように思います潜在的なニーズにマッチしたり、誰かが目をつけていないサービスを起こすと当たる可能性はありそう

ココナラとクラウドワークスで手数料は、5~20万円以内だと、同じですが、20万円をこえる案件だと、クラウドワークスは手数料が5%で、ココナラの10%に比べて割安になります。
また、5万円以内ですと、クラウドワークスの20%と比べるとココナラは25%なので、クラウドワークスのほうが割安です。
手数料はクラウドワークスのほうが条件がよいと思っていいでしょう。
ココナラは、ちょっとだけやってみた感想だと、今っぽい多様性と自由度の高い、コンシューマーよりのサービスだと思いました。やり方次第で大きく稼げるのではないかと思いました。
あと、クラウドワークスだとどうしてもビジネスよりになって、かっちり仕様が決まったことを、クライアントも制作側もやる必要があります。でもココナラのサービス出品だと、もう少しきめ細かい対応が可能なのでは、と思います。
例えば、クラウドワークスだと、大体お客さんが、勝手に決めないといけない!と思って、お客様自身が、仕様やデザインを決めたあとに依頼が発生しますが、ココナラだと、サービスによっては、もう少し前の段階から、リニューアルしなくてもよくない?とかサテライトサイトや、サービス特化したサイト作ったほうがよくない?グロースハックしたほうがよくない?
などが提案できそうだと思いました。すぐ稼ぐには無理そうだけれど。

また、ココナラは、サービスを出品するという特性上、パッケージ化もしやすいのではと思います。

また、私や私のまわりでも、イラストだけココナラでお願いする、地図の作図だけお願いする、などで、ココナラを大利用している人は多いです。なんせ、安いものも多いので、クライアント側にはものすごくよいサービスでは?と思いました。

ココナラは、昔の風評と違って、スキルの低い人が集まっているサービスではなくなっていますね。ココナラ、あなどれないぞ!

そこで、私もクラウドワークスと同時並行で活動するべく、ココナラでも出品してみました。

ココナラのユーザーyoshikoroで検索してみてください。

ココナラ

登録は簡単、3ステップのみ!無料会員登録はこちら

web制作のご相談全般を500円からおうけしますので、もしよかったら気軽にご相談ください。
(ワンコインでサービスを始めてみたかったので、500円としました。)

あんまりWebについて詳しくないんだよなーって方に雑談してもらって、新しい何かを見つけてもらいたいな、と思っています。もし、お!と思われた方は、サービスを使ってみてください。お話ししましょう。

また、ココナラは始めたばっかりなので、活動しながら、何かあれば情報をアップデートしていきたいと思います!ココナラは、クラウドワークスよりさらに、やればやるほどブランディング力があがって、サービスの需要も多くなり稼げるようになるのでは、と思います。

ちなみに今のところ、引き合いも含めて、ゼロ。はじめて2日ですので。チャリーン。

2018.11.09 更新

ココナラ開始から2か月。
先月末、9万円・Webサイト(Wordpressなし)の成約ができました!やった!!
現在、制作中です。

単価はクラウドワークスに比べたら安いですが、
競合はもしかしたら少ないのかも、、という感じでした!

ちなみに、ココナラのリクエストボードからWebサイトの制作案件に応募して、
成約した流れでした。(応募件数トータル5件目くらいで成約できました)

サイト制作9万円は安めですが、4日以内くらいで制作できそうですので、問題なしです。
ココナラのリクエストボードでの営業活動、お勧めです!

登録は簡単、3ステップのみ!無料会員登録はこちら

ココナラならではのサービス出品からもしっかりサービスしていきたいなー。

この記事を書いた人