クラウドワークスで1カ月の売上50万円以上!(2018年10月)リアルな報告します

こんにちわ、ヨシコロです。
先月、おかげさまでクラウドワークスで月収50万円を超える売上が得られたので
スクショを貼っておきます

といっても、2カ月くらいかかったサイトリニューアルで
諸々外注費ひいたり、他の案件とあわせると前の月とあわせてならすと1カ月の月収40万円くらいですが、会社員で働くのでしたら売上金銭面での効率はよいと思います。
なので、クラウドワークスクラウドテックなど、クラウドソーシングで稼ぐのはおすすめだと思います。
早速、以下の実際の雰囲気をお伝えします。

月収50万円以上を売上げた月のフリーランスWebデザイナーの1日のスケジュール

大体、こんな感じで生活していました。

8:30 洗顔などの朝支度
※朝ごはんは食べませんが午前中にコーヒー三杯は飲むカフェイン中毒者です

9:00 メールチェック・営業メールを送る

9:30くらいから15分くらい シャワー
※ここでコンタクトを入れてしっかりモードへ

10:00~11:00くらい デザインやコーディングなどの制作開始

12:00 昼ごはん(料理&片付けまで)

13:00 畑をやっているので、少し畑作業 洗濯など
※作業が詰まっているときはなし

14:00 デザインやコーディングなどの制作開始
※この辺の時間からhuluなどの動画みたりしながら気分転換しながら作業

15:00~16:00 週2日程度昼寝

17:00 晩ごはん(料理&片付けまで)

18:00 デザインやコーディングなどの制作、時々クラウドワークスで案件チェック
※この辺の時間も何かhuluなどの動画を流しながら作業

23:00~1:00 仕事終了、ネットサーフィンなど

この何カ月か大体、11時間前後の作業時間で、多いときは15時間位作業しています。
休みはほとんどありませんでした、でも10日に一回くらい体が動かなくなって睡眠時間がめちゃ増えた日がありました。

作業時間、長すぎる。。
体がガタ来ている感じがあるので、作業を効率的にして作業時間を減らさないといけないのが
本当に課題です。

月収50万円以上を売上げた月のフリーランスWebデザイナーのサイトリニューアルスケジュール

また、今回の案件のサイトリニューアルでのスケジュールもあわせて書いてみます。

今回は携帯関連の新規サイト立ち上げの案件でした。
ECサイトでなく、フォームでクレジットカード決済をつけて毎月課金させるようなイメージでした。

この案件は私の個人的な問題があって。
・クレジットカード決済をやったことがなかった
・ましてや決済の毎月課金と1回のみの違いをわかってなかった

またクライアントから
・クレジット以外にも他のアップルペイや口座振替の支払い方法をつけたい

という追加の要望をうけました。

この点が初めてだったので、その分、調べたりやりとりなどで稼働が多くなってしまいました。
この点がちょっと時間がかかりすぎた原因です。

サイトリニューアルで最初にやったこと

1.案件応募

この時点で参考サイトなどでデザインの方向性を提案しました。

2.受注・ヒアリング

受注契約したあとに制作についてお話をスカイプで伺いました。
デザインのこだわりが強いが、リテラシーがおそろしく低いクライアントでした。

打ち合わせの時に共有してもらった手書きのワイヤーフレームは、何を意図しているか不明で、
その意図を聞いたりしました。

ただ、サイト構成のベンチマークサイトがほとんど同じビジネスモデルのものがあったので、
それは幸いでした。構成はそのサイトをそのまま生かしたもの、という話でした。

3.スケジュール・サイトマップ・ワイヤーフレーム・製品情報のテンプレートを作成・提出 TOPデザイン提出

大体、スケジュール・ワイヤーフレームは、リニューアル制作開始前に提出します。

今回は直クライアントで規模もおおきくなくステークホルダーは担当者と社長のみ、だったのでスケジュールはざっくりでした。また、デザインの細部にこだわりが大きかったので、最初にデザインを提出しました。
また製品情報のドキュメントが先方から出てこなかったので、
(まだ決まってなかったっぽいです)
こちらで「こんな感じの情報が必要です」という表を作って出しました。
競合サイトはこんな感じなので、こんな情報をください、と。

またスケジュール・ワイヤーフレームを作成後、確認いただきました。
私はスケジュールはグーグルドキュメント、ワイヤーフレームはXDで作成しています。

4.全ページデザイン提出

ここからはスケジュールどおりに進めていきます。
14ページのページデザインで主要デザインを提出しました。(時間がなくて全部は無理だったので、直前で変更してもらった)
修正はほとんどなかったので、イラストだけこれ、というのを決めて調整しました。

5. クライアントからの差し込みの決済相談・対応

決済を追加したい、などの相談をされました。
アップルペイや口座振替など。。
ここで決済のASPをどこにするかを色々調べた後に、結局色々絞ってクレジットだけ先にstripeを導入することになりました。

6.TOPコーディング提出

ここは先週デザインFIXした時点で外注さんにお願いしました。
外注依頼はいつもこんな感じで進めます。

それを先方に確認いただきました。
この時にクライアントにデザイン修正の指示が来ましたが、それは無理です、と断りつつ。。

7.WP組み込み・コーディング提出

ここからは自分でコーディングしました、
WPで組み込んだ後に第二階層以下をWP上でコーディングしていきました。
今回、コンテンツがシンプルだったので、コーディングは割とサクサクと進みました。

8. 決済実装、で詰まって外注依頼

決済実装は1回払いはできたのですが、毎月定期支払いが、バックエンドを理解してないと難しそう、、ということがここで判明。
少し前にテストしたのですが、甘かった。。

そのため、決済実装を外注しました。
見積り提出してもらった半額で対応してもらって、とても良い外注さんでした!この方のおかげでこの案件のサイトリニューアルは成功したように思います。

9.クライアント確認~修正対応

制作は完了したので、それからクライアントチェックしてもらったら、
リテラシー低いクライアントあるあるですが、金額や内容の変更で修正依頼が鬼のようにきました。
これ以上は金額追加になりますが、、というやり取りをしながら最低限の修正を行い、残りはクライアントで対応いただく形でした。

でもクライアントの方にはデザインを気に入っていただけたので、おおむね満足、次のサイトリニューアルの追加依頼があったり、決済と急な依頼相談をなんとかすれば、今後はいい感じで進められそうな案件でした。

上記のスケジュールのスパンは大体1週間ごと。
デザインが多かったら、デザインページを少し減らしたり、割とこちらのペースで制作ができたのですが、
決済やカートなどの調査部分で勉強代的なところが工数かかったところです。

あと、生々しいかもですが、9677円の案件は、出来上がっているページのcss修正依頼ですぐできそう、と思って応募したら、めちゃくちゃスパゲッティコードでめちゃくちゃリファクタリングして丸3日くらいかかったので、それも超痛かったです。自分史上一番稼働安かった案件です。担当者が良い方だったのですが、外注された制作者が相当やばい人で、画像名が日本語ファイルだったり、cssも全然知らなくてほぼIDで無駄にアブソルートで表示させてて。くそが!って何回思ったか。

こんな感じで大きなリニューアルを請け負いつつ、
他の細かい案件などをこなした2カ月でした。

効率よい制作をもう少しできるようにしていきたいです。

この記事を書いた人