クラウドワークスで受注するには?ポートフォリオサイトを作成しよう!【2時間でもできるよ】

クラウドワークス

今回はポートフォリオの作成方法について。ポートフォリオって必要なの?とかこれから作たい!という方へ向けて、書きました。

私はクラウドワークスで毎月平均30万円以上を稼いでいまして、
だからこそ思いますが、
ポートフォリオは売上を維持するのにとても大事な営業ツールです。

「このポートフォリオの実績のようなサイトや動きを作ってほしいです」

などの発注はよくありますので、作るのはもちろんですが、こまめに更新してみやすくすることが大事だと思います。

ポートフォリオですが、私は2つ用意しています。

・ポートフォリオ実績pdfファイル
・ポートフォリオサイト

これは、転職活動では必須です。
応募時と対面の面接時で実績を説明するために必要なためです。
私はそれがベースにあったので、そのように制作しました。
結果的にオンラインでもサイトとpdfがあったほうがよいと思っています。
なぜなら役割を以下のように

・ポートフォリオサイトの役割
誰でもみれてよいように載せる実績をある程度しぼったもの
またサイトの構成で他の応募者と差別化したスキルアピール

・ポートフォリオ実績pdfファイルの役割
非公開実績や経歴、個人情報を載せたもの

に分けられるためです。

これらは、応募の案件の規模でポートフォリオサイトだけを発注者に知らせるか、両方を送るか、を決めます。

サイトのリニューアル案件ポートフォリオサイトurl・pdf両方
送付します。

今回は、ポートフォリオサイトがどのツールを使い、どのように制作していくかを説明します。

ポートフォリオサイト制作ツール

制作ツールは2つに分けられます。

速くできるが、簡易版のもの

→ブログ感覚でホームページを作成できるオンラインホームページ作成ツール

Instapage WIX JINBO
などです。

各サービスの違いは以下のようになっています

Instapage →LP型の作成ツール

WIX JINBO →Webサイトの作成ツール(一部カート機能あり)
Base → ECサイトの無料オンライン作成ツール

※これに独自ドメインが必要な場合はドメイン費用が必要です。

しっかりつくれるがスキルと時間を要するもの

プロが使用しているものと同様に通常どおりサイトをスクラッチなどで制作する場合は、

・デザインーーphotoshop,illustrator
・コーディング–bootstrap,html,css,php
・システム–WordPress

になるかと思います。

これにサーバ・ドメイン費用が必要です。

ちなみに私が使用しているサーバは★☆★☆★☆ ナウでヤングなレンタルサーバー!ロリポップ! ☆★☆★☆★、ドメインはムームードメインを使用しています。
理由は安いから!です。長年サービスがあるし、ある程度安心できるのでは、と思っています。(すみません、サーバ系は全然詳しくないですが)5年くらい使っていますが、特に困ったことはなく、ブログも量産できるし、個人事業主だとこのくらいでよいのではないでしょうか。

Xサーバはクライアントで使っている会社が多いですが、私はロリポップ・ムームードメインで充分です。
WixやJinboはサーバは不要ですが、独自ドメインなどを使おうとすると、有料のサービスになるので、サイトのコストとしては、どちらも変わらないと思います。

どちらにするかは、状況にあわせて決めるとよいのではと思います。

ポートフォリオサイト制作手順1 しっかり作る方法

1.サイトの目的を考える

サイトを作る前に毎回まず整理しますが、ポートフォリオサイトは、サイト制作の営業ツールとしてのサイトです。
発注者に「この人はほかの制作者と違う!」と思わせるというのが目的です。

その場合、サイトで気を付けるポイントは以下ではないでしょうか

  • キャラクターがわかりやすいこと
  • 少しおっと思わせるものがあること
  • 実績がわかりやすくみられること

それを踏まえて参考サイトなどで自分の作成したいサイトが何かを決めていきます

参考サイトはこの辺をみています。
http://bm.straightline.jp/
http://muuuuu.org/

また、デザインと同様に、サイト構成も考えます。

2.サイト構成とデザインの方向性を作成

adobeXDでワイヤーフレームを作成します。
デザインや動きのポイントを書き込んでいきます。

3.デザイン作成

ワイヤーフレームが決定したら、
adobe photoshopでデザインを作成していきます。
TOPデザイン→TOPモバイル→第二階層
の順番でデザインを作っていきます。

4.コーディング

デザインが確定したらコーディングに入ります。
TOPページが組みあがった段階で、wordpressに組み込み、
サイトコーディングしていきます。

5.サイトチェックして完成

モバイルなどの表示なども確認したあとに完成です。

しっかりバージョンの制作期間2カ月くらいです。
自分のサイトなので、締め切りがないのもあったりで、長めになってしまいましたが、しっかり作るとこの位はかかるのではないでしょうか。

ポートフォリオサイト制作手順2 早く作る方法

しっかり作る期間がとれない場合に、オンラインWeb制作ツールを使ってポートフォリオサイトを作ることができます。

今回、久しぶりにWix・Jinboなどでサイトを作ってみましたが、
どのオンラインツールも大体2時間くらいで作成できてしまいます。おそろしく早いですね!

ここでは代表的なWIXの制作フローを説明します。

1.登録する

以下のようなプランがありますが、無料版がデフォルトなので、プレミアムは選択しないこともできます。

2.サイトのテンプレートを選択する

3.テンプレートを編集・テキストなどを修正する

4.公開ボタンで公開。完了

ただ、しっかりバージョンで説明しましたが
サイトの肝である1-2の部分を改めて考えない
テンプレートをどのように変えるか、という部分で受け身になってしまいます。その結果、まあみられるけれど、すごく単調なサイトになってしまう、という欠点があります。

また、サイトのカスタマイズの幅があるので、その点でレイアウトによっては一から作成したほうが早い場合もありますし、
そもそも、Wixなどのオンラインツールと一般的な制作ツールは別物ですので、割り切ってうまく利用するのがよいのではないでしょうか。

私は、仕事では使いたいけど、Wixなどは自分のサイトとしてはデザインがいまいちかなー、と思っちゃいました。ただ、あと3時間でサイト作って!と言われたら迷わずにこのWixJinboを選ぶと思います。プロトタイプにもいいのかな、、、うーん、、、。逆にデザインの形でありすぎるからクライアントへの提案はつらいかも、とも思いますが、うまいこと使えるやり方、色々ありそうな気がします!(私はまだわかってませんが、どなたか極めればありそうです、教えてください)

クラウドワークスでもWixやJinboはよく発注者の募集内容にでてくるワードなので、1ツール1時間くらいでさわってみてもよいかと思います。

ポートフォリオサイト今ない、って方にはぜひやってみたらよいと思います!